TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > ぎっくり腰は健康保険をつかえる?|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

ぎっくり腰は健康保険をつかえる?|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2018.02.18 | Category: 健康保険診療

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱・駐車場3台完備

ぎっくり腰・急性腰部筋膜炎傷は、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。

土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。


腰痛-ぎっくり腰|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院


私用中のぎっくり腰に健康保険はつかえますか? 

A.)健康保険で加療できます。

私用中に起きたケガやぎっくり腰・寝違え・肉離れ等、急性外傷には接骨院・整骨院でも健康保険をつかって加療できます。

もし、ケガをした時が仕事中(パートやアルバイトであっても)の場合は健康保険は適用されません。業務に従事しその作業が原因で起きたケガは健康保険ではなく、労災保険が適用されます。ただし、業務中であっても災害性のないケガは健康保険で治療ができます(仕事中くしゃみをした際にぎっくり腰になった等)。

ex)健康保険適用例
子供を抱き上げた際にぎっくりになった。振り返った際にぎっくり腰になった。前屈みになった際にぎっくり腰になった。くしゃみをした際にぎっくり腰になった。背伸びをした際にぎっくり腰になった。トイレで立ち上がるときにぎっくり腰になった。

ex)労災保険適用例
仕事中(パート・アルバイト含む)、商品・荷物を取ろうと前屈みになった際にぎっくり腰になった。商品・荷物を持ちあげた時にぎっくり腰になった。


日曜日の午前診療に、自宅で振り返った際に、急性腰痛(ぎっくり腰)の負傷をされた患者様が尼崎市南武庫之荘よりご来院されました。

当院初険時、体動痛著明で体幹前屈・伸展がほとんどできないような状態でした。患部を触診しても熱感を認め急性炎症を起こしていると判断しました。

罹患筋の炎症・筋緊張を緩和するため、アイシング・物療と超音波を施し冷湿布をしてコルセットの着用と姿勢指導・RICEの原則をお伝えして初検の処置を終えました。

1、Rest(安静)
2、Ice(冷却)
3、Compression(圧迫)
4、Elevation(高挙)

急性筋膜性腰痛(ぎっくり腰)のような急性外傷は、いかに早く適切な応急処置をするかで予後が大きく変わりますので、ぎっくり腰をされた場合は尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご連絡ください!

名倉堂接骨院では、平日及び土曜・日曜も夜20:30まで受付しており、整形外科へのご紹介・転院もしっかり対応しております。


今日の格言
『なんでもないようなことが幸せだったと思う』

「ロード」より


腰痛-ぎっくり腰|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

TOPへ戻る