TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > 肘内障(幼児の肘関節部亜脱臼)|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

肘内障(幼児の肘関節部亜脱臼)|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2016.10.30 | Category: 健康保険診療

尼崎市南武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱

お子様が肘内障のお怪我をされたら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。

土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。


 



本日の午前診療に1歳半の女の子が肘を脱臼したとお母さんとご来院されました。受傷機序をお伺いすると、昨晩寝ていたときに腕を捻ったようで、起床時より患側上肢を痛がって動かさず下垂したままとのことでした。以前小児科にて徒手整復を施して頂いたこともあったようですが、かかりつけの小児科が日曜日で休診とのこともあり、インターネットで当院を検索して頂きご来院頂いたようでした。

肘内障とは、2~4歳くらいまでの子供に多く起こる肘関節の亜脱臼です。子供の頃は、肘関節の橈骨輪状靱帯が柔らかいため、腕を強く引っ張ったりすると亜脱臼を起こしやすいからです。整復処置は比較的簡易で、肘関節を曲げられ、バイバイと手を振るような動作(前腕の回内・回外運動)ができるようになれば問題ありません。


尼崎,西宮,伊丹,宝塚でお子様が肘内障のお怪我をされた際は、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご連絡ください!


今日の格言
『人は悲しみが 多いほど人には優しく 出来るのだから』

「贈る言葉」より


TOPへ戻る