TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > 投球時の肩関節脱臼の整復|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

投球時の肩関節脱臼の整復|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2014.08.18 | Category: 健康保険診療

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱・駐車場3台完備







お盆明け初日、野球の練習時に肩関節を脱臼された患者様がご来院されました。疼痛が激しく、自身で患肢を保持することや体位を変えることが非常に困難なご様子でした。

患部を視診させて頂くため、やむなく着衣をハサミで裁断させて頂き、視診・触診すると上腕骨頭の位置異常と弾発性固定、患側上腕三角筋膨隆の消失・動作痛を著明に認めたので、肩関節脱臼と判断し徒手整復を施しました。


脱臼の既往歴はなく整復はスムーズに行え、整復音を触知すると上腕骨頭の位置異常は解消され疼痛も消失しました。そして、患部をアイシング・冷湿布した後、包帯と三角巾で固定処置し、整復位の確認とその他合併傷がないかご高診を仰ぐため、整形外科への紹介状をお渡しし、当日の処置を終えました。


肩関節脱臼において、整復後に疼痛強く残存する場合は骨折を伴っている可能性がありますので、必ず整復位の確認とあわせて整形外科でのご高診を仰いで下さい。


尼崎,西宮,伊丹,宝塚で土曜・日曜にケガをされた場合は、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院へご来院下さい。

受傷直後の応急処置をするかしないかで予後は大きく変わるので、自己判断せずに急性外傷の専門家へご相談下さい!


今日の格言
『人生で必要なものは、愛と勇気といくらかのお金だ』

チャップリン



TOPへ戻る