TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > 前十字靱帯損傷,ふくらはぎの肉離れ|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

前十字靱帯損傷,ふくらはぎの肉離れ|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2013.06.29 | Category: 健康保険診療

尼崎市武庫之荘で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱・駐車場3台完備

尼崎市でふくらはぎの肉離れや膝部を負傷したら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院までご来院ください。




土曜の午後診療に、お子さんの運動会で膝関節を負傷された患者さんと、ふくらはぎを肉離れされた患者さんが、武庫豊町・武庫之荘より来院されました。お二方とも、急性の外傷で疼痛のため荷重がかけられず跛行(びっこ)をひいておられました。

膝関節を負傷された患者さんは、患部の状態と受傷機序から前十字靱帯損傷が強く疑われたたため、アイシングと冷湿布の上患部を包帯固定しました。前十字靱帯損の確定診断はMRIでの精密検査が必要なので、整形外科への転院紹介を致しました。

ふくらはぎの肉離れの患者さんは、発症例の多い内側腓腹筋の損傷だったため、アイシング・超音波等の物療後、冷湿布の上患部を圧迫固定しました。

こうした急性のケガは熱感を伴いますので、アイシングと冷湿布をできる限り早い段階でしてください。その応急処置だけでも痛みや炎症・内出血を防ぐことができます。

武庫之荘・武庫豊町で土曜・日曜にケガをされた場合は、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院へご来院下さい。

受傷直後の応急処置をするかしないかで大きく予後は変わるので、自己判断せずに急性外傷の専門家へご相談下さい!


今日の格言
『丸い卵も切り様で四角物も言い様で角が立つ』



TOPへ戻る