TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療,院長ブログ > 日曜日に指の骨折-マレットフィンガーの応急処置

日曜日に指の骨折-マレットフィンガーの応急処置

2012.01.15 | Category: 健康保険診療,院長ブログ

  指の骨折-マレットフィンガー|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

日曜日の午前診療に指先の骨折の患者さんが来院されました。
指の一番先の関節(DIP関節)部分を負傷し、指先が掌側に変形していました。このマレットフィンガーというケガには2種類あって、腱が切れるタイプ(腱性マレット)と、DIP関節部分で骨折を伴う(骨性マレット)があります。
骨折の疑念があったので固定具と包帯で患指を固定して、整形外科の先生にご高診を仰ぐため紹介状をお渡ししました。レントゲンの結果、骨折が認められたため、後日手術をすることとなりました。
今回は応急処置のみの応対でしたが、小生にとっては学ばせて頂いた症例です。患者さんには術後のリハビリを頑張って頂き、1日でも早く快方に向かって頂きたいと願っております。
今日の格言
『信じたこの道を 私は行くだけすべては心の決めたままに』

「マイウェイ」より

TOPへ戻る