TEL
MENU

Blog記事一覧 > 交通事故・労災,健康保険診療,院長ブログ > 健康保険を使用した方がよい交通事故治療とは?|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

健康保険を使用した方がよい交通事故治療とは?|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2018.03.07 | Category: 交通事故・労災,健康保険診療,院長ブログ

尼崎,伊丹,西宮,宝塚で交通事故むちうち労災指定整骨院をお探しなら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院にお任せ下さい!

 

西宮,伊丹,宝塚等、尼崎近郊からも交通事故,労災患者様が多数来院!交通事故,労災患者様は院長が専任で施術致します!

 

 

交通事故治療|尼崎市武庫之荘交通事故労災指定名倉堂接骨院

 

 

 

 

健康保険を使用した方がよい交通事故治療とは?

 

A.交通事故の相手方が無資力の場合(任意保険未加入・自賠責保険未加入等)、ご自身の過失割合が高い場合など

 

先月下旬、車を運転中にタクシーと交通事故を起こし、首と肩を負傷された患者様が尼崎市南武庫之荘よりご来院されました。事故直後は同乗のご家族の方が心配でご自身の痛みはそれほど強く感じなかったようですが、数日経過してから首と肩の痛みが強く現れて動作痛と可動制限が著明になってきたとのことでした。

 

交通事故によくあるケースで、交通事故直後は興奮状態にあるためそれほど体に痛みを感じることがなくても、数日~数週間経過してから体に強い痛みや症状が顕在化することがあります。したがって、交通事故直後に体の痛みが出ていないからといってその場で示談したりせずに、きちんと警察や保険会社等へ交通事故の届け出をしておかないと保険での加療ができないことがあります。

 

一般的に第三者が関与した交通事故の治療は自賠責保険が適用されますが、今回は患者様の過失割合の方が高いため健康保険を用いて加療していくこととなりました。併せて患者様ご自身が加入されていた任意保険に人身傷害保険特約が付帯していたので、健康保険での窓口負担金のお支払い部分を任意保険会社に請求することとなり、患者様ご自身は通院毎のご負担なく交通事故治療を受けることができました。

 

人身傷害保険特約がなく健康保険をつかって治療をする場合は、窓口での一部負担金額(1割~3割)をお支払い頂き、残額を健康保険へ請求します。

 

人身傷害保険等、任意保険が使える際は、窓口での一部負担金額(1割~3割)を任意保険会社へ請求し、残額(9割~7割)を健康保険に請求するかたちとなりますので、患者様自身が窓口でお支払い頂く費用は必要ありません。その際は事前にご自身が加入されている損害保険会社へご連絡が必要となります。

 

名倉堂接骨院は、交通事故治療において自賠責保険だけでなく人身傷害保険、健康保険を使った治療も対応しております。また、平日及び土曜・日曜も夜20:30まで受付しておりますので、ご多忙で整形外科に通院できない方も受け入れる体制を整えております。

 

尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院は、開院当初より交通事故むちうち治療に尽力し、西宮,伊丹,宝塚方面からも多くの交通事故患者様を治療して参りました。

 

尼崎,伊丹,西宮,宝塚で交通事故むちうち労災指定整骨院をお探しなら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院にお任せ下さい!

 

今日の格言
『人生は退屈すれば長く、充実すれば短い』

 

シラー

 

 

尼崎市武庫之荘交通事故労災指定整骨院|名倉堂接骨院

 

 

TOPへ戻る