TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > バレーボールで指の骨折|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

バレーボールで指の骨折|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2018.02.25 | Category: 健康保険診療

尼崎市で土曜・日曜夜20:30まで受付している整骨院|尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院|各種保険取扱

骨折・脱臼の応急処置・リハビリは尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院にお任せ下さい!

土曜・日曜も夜20:30まで受付しております。各種保険取扱・駐車場3台完備。

 


バレーボール|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

 




バレーボール中、レシーブ時にボールと床面で手と指を強打するお怪我をされた患者様がご来院されました。

当院初険時に、患側小指の付け根の基節骨と呼ばれる部分と中手骨と呼ばれる手の甲部分の腫脹・熱感・圧痛・内出血班を著明に認め、指の曲げ伸ばしが痛みのため困難であり、少し指を曲げた際に小指が薬指にかかるオーバーラッピングフィンガーと呼ばれる所見を呈したため、手の専門医のいる整形外科にて解剖学的整復を依頼することとなりました。

骨折・脱臼の応急処置以外の施術には医師の同意が必要であり、今回の症例は骨折部の転位があった為当院では骨癒合後のリハビリ後療をすることととなりました。

※骨折や脱臼後のリハビリや後療を接骨院・整骨院で受ける際は、医師の同意が必要となります。

このような手のケガについては、手の外科専門医にご高診を仰がないといけない症例もございます。尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院ではこうした症例においても適切な医療機関へのご紹介もさせて頂きます。そして、骨折・脱臼のリハビリ後療は、間隔を空けず毎日行うことが重要ですので、ご通院しやすい医療機関等を選ばれることが望ましいといえます。

骨折・脱臼等のおケガをされた場合は尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院へご来院下さい。健康保険にて施療が可能です。


リハビリ後療をきちんと行うかで大きく予後は変わるので、自己判断せずに外傷の専門家へご相談下さい!


今日の格言
『見上げてごらん 夜の星を小さな星の 小さな光がささやかな幸せを歌ってる』

永六輔

 

 


骨折|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

TOPへ戻る