TEL
MENU

Blog記事一覧 > 交通事故・労災,院長ブログ > 西宮市より仕事中の指のケガ【骨性マレットフィンガー】-労災/業務災害|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

西宮市より仕事中の指のケガ【骨性マレットフィンガー】-労災/業務災害|尼崎市武庫之荘名倉堂接骨院

2016.02.19 | Category: 交通事故・労災,院長ブログ

尼崎,伊丹,西宮,宝塚で交通事故むちうち労災指定整骨院をお探しなら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院にお任せ下さい!

西宮,伊丹,宝塚等、尼崎近郊からも交通事故,労災患者様が多数来院!交通事故,労災患者様は院長が専任で施術致します!


労災/業務災害|尼崎市武庫之荘交通事故労災指定名倉堂接骨院


先月末に、仕事中に指尖を負傷された患者様が西宮市よりご来院されました。問診で受傷機序をうかがうと、昨年末頃に仕事中に指尖をローラーで挟んで負傷してしまったが、繁忙期であったためご自身でアイシングや冷湿布の応急処置だけして経過をみていたとのこと。しかし、1ヶ月以上経過しても患部の疼痛・腫脹・指尖の掌側への変形が治らない為受診されたとのことでした。


続いて視診と触診をすると、指の一番先の関節(DIP関節)部分に限局性の圧痛と腫脹が残存し、指先が掌側に変形していました。いわゆるマレットフィンガーの疑いが強く愚考され観血的処置適応の可能性が高かったので、手の外科専門医のいる整形外科へ紹介状をもってご高診を仰ぐこととしました。


後日、診察をして下さった手の外科専門医の整形外科医師より、骨折を伴うマレットフィンガーであるため、翌週に手術をする予定とのお返事を頂きました。


このマレットフィンガーというケガには大別すると2種類あって、腱が切れるタイプ(腱性マレット)と、DIP関節部分で骨折を伴う(骨性マレット)があります。腱性の場合でも保存的に固定することが中々困難であるため観血的処置を選択することも多いようで、骨性のマレットフィンガーの場合は概ね観血的処置の適応となるようです。


このような手のケガについては、手の外科専門医にご高診を仰がないといけない症例もございます。尼崎市の名倉堂接骨院ではこうした症例においても適切な医療機関へのご紹介もさせて頂きます。


また、当院は労災指定の整骨院として登録しておりますので、こうした業務中の労災事案や通勤途上の労災事故も労災保険を適用して加療を受けることができます。


※仕事中や通勤途中に被ったケガは、労災保険の給付対象となりますので、健康保険を使用することができません。(※このことは法律で定められています)

つまり、仕事中や通勤途中に被ったケガの治療については、負傷された方自身(又は会社)が労災保険と健康保険のどちらを使用するか選択することはできず、必ず労災保険へ手続きを行っていただくことになります。


尼崎,伊丹,西宮,宝塚で労災指定整骨院をお探しなら、尼崎市武庫之荘の名倉堂接骨院にお任せ下さい!


名倉堂接骨院では、平日及び土曜・日曜も夜20:30まで受付しており、整形外科へのご紹介・転院もしっかり対応しております。


今日の格言
『幸福に暮らすことが最高の復讐である』

スペインのことわざ


尼崎市武庫之荘交通事故労災指定整骨院|名倉堂接骨院