TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > 急性腰痛|土曜日も夜20:30まで受付の尼崎の整骨院

急性腰痛|土曜日も夜20:30まで受付の尼崎の整骨院

2012.05.12 | Category: 健康保険診療

本日、就寝中にくしゃみをした時ギックリ腰になり、何か支えがないと自立できないと患者さんからお問い合わせがありました。急性腰痛(ぎっくり腰)にもいくつかパターンがあり、今回は前屈痛が著明で鼡径部にも圧痛を認めたので、腸腰筋の収縮痛が原因と思われました。


腸腰筋は体幹深部にある筋肉なので、超音波を用いた物療を行い、その後トリガーポイント・ストレッチを施療した結果疼痛は緩和したようです。


今回の新患さんも応急処置で患部を温めてしまった結果、炎症を助長し疼痛を憎悪してしまったようです。何度も書いていますが、急性疼痛(患部に熱感を伴う場合)の応急処置はアイシングと冷湿布をして炎症を最小限に抑えることを優先してくださいね!


今日の格言
『喜んで行い、そして行ったことを喜べる人は幸福である』

ゲーテ

TOPへ戻る