TEL
MENU

Blog記事一覧 > 健康保険診療 > 手首,捻挫|尼崎市塚口で日曜受付している整骨院は

手首,捻挫|尼崎市塚口で日曜受付している整骨院は

2012.04.22 | Category: 健康保険診療

本日は、塚口方面より手首の捻挫で患者さんが来院されました。サッカーの練習中に後ろ手に手をついた際負傷したようで、手首から前腕にかけて腫脹と自発痛が強かったので、骨折の心配をされておられるようでした。


所見で腫脹は強度でしたが骨折時のように手背や指部にまで腫脹は広がっておらず、手関節もある程度自動運動可能であったので骨損はないと判断し、アイシング・冷湿布をして厚紙と綿包帯で患肢を固定し、前腕をアームホルダーで吊って今日の処置を終えました。


不全骨折(骨のひび等)や捻挫で強度の腫脹や動揺痛がある場合は、安静・固定をはかるため簡易的に厚紙と包帯などで患肢を固定する必要があります。このような急性の怪我は、応急処置が早ければ腫脹も軽度で済むことが多いので、なるだけ早い受診を心掛けましょうね。


今日の格言
『コロンブスが幸福であったのは、彼がアメリカを発見した時ではなく、それを発見しつつあった時である。幸福とは生活の絶え間なき永遠の探求にあるのであって、断じて発見にあるのではない。』

F.M.ドストエフスキー